趣味にちなんで

fish

これは何と読むでしょう?

新郎の趣味は‘釣り’で
中学時代は、部活の練習より
釣りを優先するほど熱中したそうです。

披露宴会場のゲストテーブルには
魚へんの漢字が並んでいて
クイズ感覚で楽しむことができ
スタッフ間でも盛り上がりました。

結婚式にピッタリ~という漢字や
恥ずかしながら新たな発見もあって
勉強になりました!

1126

オリジナリティ

1125

おふたりの披露宴には
ゲストに楽しんでいただくための
いろんなアイデアがありました。

インスタ映え!なフォトブースは
新郎新婦の手作り。
メイン席はフラワーカーテンで彩られ
こちらもフォトジェニックでした。

さらに、右サイドには日本酒の祝樽が
左サイドには焼酎のカウンターがあり
レアなお酒が並んでいて
「これは飲まなきゃ!」と
喜び勇んでいる方も。

楽しみどころ満載の会場で
大いに食べて飲んで笑って撮って
幸せに包まれました♪

記念日は誕生日!

昨夜、フレッシュなお二人の披露宴を担当しました。

大切な入籍記念日は、新婦の誕生日!
そして、新婦の20歳の誕生日に披露宴!!

新婦への感動のサプライズも印象に残っています。

ご家族もご妹弟も、お若く明るく素敵でした。

新郎からお母様への「お姫様抱っこ」も、
最高の盛り上がりで会場は爆笑に沸きました。

福岡でのご活躍をお祈りしています。

最高の笑顔!

先週末は、爽やかなお二人の結婚式&披露宴を担当しました。

人前結婚式の入場シーンが印象に残っています。

お母様の想いが伝わった丁寧なベールダウンを経て、
お父様と新郎が握手&ハグを交わした瞬間、感動しました。

披露宴では、豪華なお料理をお楽しみいただきながら、
数々の楽しいサプライズで、幸せな時間を過ごしました。

主役のお二人の最高の笑顔はもちろん、
ご友人の涙も素敵なお祝いの1日でした。

今後ともよろしくお願い致します!

2人のために

1119

新郎のご親戚の手作りフレームに
おふたりの思い出の写真がぎっしり。

他にも、受付には
ご友人作成のウェルカムボードや
おばあさま作成のぬいぐるみが並び
とても華やかでした。

披露宴中のカラオケタイムは
「ずっと2人で…」「ここに幸あり」
「愛すべき未来へ」「乾杯」「糸」と
ハッピーソングで盛り上がりました。

手作りの品に、歌に、スピーチに
思いを込めてくださった皆さま
ありがとうございます♪

3つの入場シーン

1118

披露宴の最初の入場は
新郎新婦からゲストへのサプライズ。
純白ドレスとタキシードのおふたりが
巨大クラッカーをパーン!と鳴らすと
ゴールドのテープが舞い上がるという
インパクト大の演出でした。

次に、紋付袴&色打掛で入場の際には
ゲストから新郎新婦へのサプライズ。
男の子2人が歩み寄り「おめでとー」と
お花をプレゼントしてくれました。

ラストは、写真のように
赤いドレスとタキシードで入場して
ゲストとの写真撮影タイム。

入場のたびに、いろんな雰囲気を
楽しむことができました。

サプライズの連続!

先週末、楽しい披露宴を担当しました。

大切な方々に心から楽しい時間を過ごしていただきたいと、
様々なサプライズ&おもてなしを用意されたお二人。

賑やかなプルズに豪華なプレゼント抽選会、
今月、お誕生日の皆様&ご家族へのお祝いなど、
ご友人のスピーチや仲間達の祝福も素敵で、
大変、アットホームな披露宴でした。

また、打ち合わせからお会いしていた両家のご両親が、
おひらき後、同時に私の前に駆け寄って下さって、
温かいお礼の言葉を頂戴し、ジーンとしました。
こんな瞬間に「この仕事が好きだなー」と感じます。

また今週末も幸せな時間が過ごせますように。

爆笑の大酒宴!

好天の日曜日、爽やかなファミリーの披露宴を担当しました。

愛らしいお子様とご一緒に迎えたお披露目の日。

ご祝辞の中で、お二人の「偶然」が紹介され、
『繋がるご縁』に感動しました。

乾杯後は、豪快に飲んで大笑いして、
まさに賑やかな「大酒宴」!

ご友人や仲間達が余興で会場を盛り上げ、
抽選会はお二人とご縁が深い方が当選。

新郎から新婦へのサプライズも素敵でした〜
さらに仲良く、いつまでもお幸せに!

友情が愛情へ

先週末、素敵なお二人の披露宴を担当しました。

学生時代に出会い、社会人になっても、ずっと良い友人だったお二人。
「大切な存在」だったからこそ、友情が続いたのでしょうね。

そんなお二人の披露宴には、共通の仲間も出席され、
自然体のスピーチで、会場を沸かせていただきました。

当日がお誕生日の方と一緒に記念日を祝うサプライズや、
お世話になった方へ感謝を伝える時間など、
周囲の方への思いやりを感じた披露宴でした。

温かいお言葉をいただいた事、忘れません。
いつかまたお会い出来ますように。

人生は

1111

<人生は片道切符の旅>
新郎新婦への祝辞として
ご紹介くださったフレーズです。

そして、新郎も新婦もこの旅を
手助けするお仕事をなさっています。

おふたりは、あるテレビ番組のファンで
私も大好き!と共感できたことが嬉しく
披露宴のエンディングで
番組のテーマ曲が聞こえてきた時には
いろんな意味で感無量に。

歌詞に聞き入り、心を動かされました。
いま、鼻歌まじりで余韻に浸りつつ
新郎新婦と語り合いたい気分です。