C.L.Fons オープニングパーティ

向陽学園が展開する新しい図書館≪C.L.Fons(シーエル・フォンス)≫が、
今日、大村市に誕生しました。

シーエル・フォンスとは、Community Library Fons(ラテン語で泉)の略。

地域に開かれた「知識の泉」として、
長崎リハビリテーション学院に隣接した敷地に建設されました。
学生の利用はもちろん、一般の方も自分磨きの場所として自由に利用できるそうです。

昨夜は、完成を祝して、内覧会とオープニングパーティが行なわれました。

洗練された建物内には、カフェテリアのコーヒーの香りがいっぱいに広がり、
大きなガラス窓からは一面に紅葉が・・・
とても素敵な空間でした。

オープニングパーティには、約200名のお客様が参加してくださいました。

お客様の顔ぶれの豪華さに、私はただただ驚くばかりでしたが、
一番ビックリしたのは、お祝いに届いた「胡蝶蘭」の数!!!!!

受付・ロビー・廊下と、それはもう見事な胡蝶蘭が、ズラ―――――――――ッ!

「ス、スゴイ・・・品評会みたい・・・」

放心状態の私を前に、次から次に届く胡蝶蘭。
つ、ついに私の司会台の回りにも、グルッとドバーンと飾っていただいちゃいました。

・・・胡蝶蘭のゴージャスパワーで、私、かなり目立っていたそうです、フフフ。


2件のコメント

  1. 胡蝶蘭は吉村さんの引き立て役だったんですよぉ〜(笑) ついでに撮っとけばよかったのにぃ〜(*´∀`)♪ 胡蝶蘭の中にまた美しい花一輪…とか 相当緊張したんですね お疲れ様でした

  2. カトキチさん

    まぁ、嬉しいお言葉ありがとうございます!

    そうなんですよー、カトキチさん。
    胡蝶蘭がズラッと並んだ見事な状態をご紹介したかったのですが、
    お花に大手企業や法人の名称が添えてありまして~、残念!!

    そうですねぇ・・・
    お昼の某・TV番組のゲストに、毎回、素敵なお花が届いていますが、
    あんな感じで、全てのお花が胡蝶蘭だと思っていただければ・・・

    ・・・迫力に圧倒された吉村でした。

コメントはできません。