赤ペン先生

今日から、マナー教育の授業が再開しました。
夏休みを経て、生徒さんと久しぶりの再会となりました。

今日は、これまで学んだ「立ち振る舞い」や「言葉遣いの基本」について、
実技と小論文のテストを実施しました。

テストの審査員は、客観的な視点での評価と私自身の成長の為、
伊藤代表にお願いしました。

テスト中は、緊張しながらも懸命に言葉を繋ごうとする様子や、
堂々と物怖じせずに臨む姿に感激しました。

現在、小論文の内容に感動の涙(鼻水)をズルズル流しながら、
赤ペン片手に、真剣に評価中です。

今さらですが、私の学生時代の恩師に感謝!
1回のテストの実施が、こんなに大変だったなんて~!

これから総合的な結果を踏まえて採点です。
皆さんの頑張りに、誠実に向き合っていきます。


2件のコメント

  1. もうすっかり女教師じゃないですかぁ…学校のテストが懐かしいです 採点されてみたいですねぇ あゆみ先生に(笑)

  2. カトキチさん

    教員の先生方には、全く及びませんよ~
    テストの問題を考えるだけで精一杯で、
    採点の必要がある事をすっかり忘れていた私です・・・

コメントはできません。